大人女子のおしゃれインテリア

大人女子におすすめのおしゃれな家具・インテリアをご紹介、販売しています。

*

一人暮らしのインテリアにもおすすめコルクマット

 - other      

これから初めて一人暮らしを始める人、一人暮らし歴は長いけれど、契約期間や転勤等のために引越しをする人、様々だと思いますが、自分だけのお城を探すに当たって考えなければいけないこととは何でしょう。

一人暮らしのお部屋探しで考えておきたい条件

一人暮らしをすることに決まったら、雑誌やネットで物件を探したり、不動産屋さんに行ったり…ということになりますが、その際自分なりの条件を決めておかなければなりませんね。
いつから入居したいのか、場所はどの辺がいいのか、広さはどのくらいで、家賃はいくらまで払えるのか…もっと細かく考えると、お風呂とトイレが一緒でもよいのか、洗濯機はベランダ置きでもいいのか、キッチンはガスコンロかIHか…。条件が多すぎても中々決まらなくなってしまいそうですが、これだけは考えておきたいと思われるのは、場所・家賃・広さ・入居日ではないでしょうか。

一人暮らしを始める場所

学生なら通学に、社会人なら通勤に便利な場所が良いですね。
まずは沿線や希望の駅等を考えてますが、家賃を抑えたいなら急行が止まらない駅とか、乗り入れの少ない駅の方が安く済みますし、駅から近いよりは遠い方が、バスを利用することになる場所の方が安くなりますので、どの程度まで妥協できるのかをある程度考えておきたいです。

給料や仕送りで支払える家賃

家賃がいくらまでなら毎月滞りなく余裕を持って払い続けられるか、見極めるのはとても大切なことです。
管理費等を含めて、一般的には手取りの1/3程度までといわれています。収入が少ないとその一般的な意見でも苦しくなってしまう場合があるので、家賃を除く生活費にいくら位必要かを把握する必要があります。
また、長く住み続けたいと思う場合は、更新料等も必要になってきますので、その金額も考えておく必要がありますね。

一人で住むのに適当な広さ

一人暮らしといえばワンルームや1K、1DKなどが一般的のようですが、荷物がとても多い場合は収納が充実していても入りきらなくなってしまう場合もあるので考えなくてはなりません。

いつから入居するか

引越が終わって住み始めないと不都合である時期を必ず明確にしておきましょう。引越が終わっても住み良い部屋に落ち着くまではある程度の日数が必要です。また、曖昧にしておくと何かと後回しにしてしまいがちです。不動産屋さんにもはっきり伝えておきたい事項です。

その他考えておくと良いこと

特に女性の一人暮らしでしたら、セキュリティには関心が強いです。人気の少ない場所に建つ家よりも、ある程度人通りのある場所の方が安心です。また、1階よりも2階以上の方が良いですし、オートロックなのか、モニター付きインターホンが必要か等も考えておきたいです。
そして前述のお風呂とトイレ、洗濯機の設置場所、キッチン等の他、遮音性やベランダの有無、フローリングが良いか畳敷きでもよいか、周辺の施設やスーパー、インターネットの回線等、考えておいた方が良いと思われる事項もまだまだたくさんあります。

一人暮らしの部屋

一人暮らしの自分のお城で快適でおしゃれに過ごしたい

住む部屋が決まったら、引越の前ある程度に必要なものをそろえておかなければなりません。照明器具や調理器具、食器、収納棚、布団、カーテン、敷物、消耗品…。
いかに住み良い部屋作りをするかで毎日の生活が変わってきます。だからこそインテリア等もこだわってみたいです。家具の配置や収納場所等も自由に決めることができるのですから、一人暮らしだからこそ快適な暮らしをしていきたいです。

コルクマットなら快適でおしゃれなインテリアに

一人暮らしを始めるにあたってもおススメしたいのがコルクマットです。一人で住む賃貸のお部屋は、周りのお部屋も一人暮らしの方が多いかもしれません。部屋の中の音が少ない分、周りの音が気になる環境になります。上の階のパタパタと歩く音や、物を落としたと思われる音などが不快に思ってしまうことも。逆に自分も不快感を与えてしまうかもしれません。コルクマットには、このような生活音を軽減してくれる効果があるので敷いておくと安心なのです。
また、一人の部屋の冬はより寒さを、夏はより暑さを感じてしまいますが、コルクマットはその特性で床からの寒さや暑さを軽減してくれるため、一年中敷いておけるコルクマットはとても快適です。
インテリアの面でもコルクマットは優秀です。その色が、カーテンや家具、インテリア雑貨等の色合いを邪魔することなく、何にでも合わせやすいベージュ色だからです。

すぐに絶対に必要なものではありませんが、一人暮らしを快適でおしゃれに過ごすためには、コルクマットはおススメのアイテムです。

  関連記事

ショート丈ベッド~小さめベッド・セミシングルベッドは狭い部屋にもおススメ

ここにベッドを置きたいけれどドアが開けにくくなっちゃう。 あと少し短かったら良かったのに…。 ショート丈ベッドなら、もしかしたらそこに置けるかもしれません。 通常のマットレスはだいたい195cmのもの …

大人ディズニー
大人ディズニーインテリア

こんな風にシックで落ち着きのあるカラーやデザインなら、 大人のインテリアにもうれしい♪   レトロ感あふれるラグマット。 ヴィンテージインテリアやアンティーク風のインテリアにもピッタリ。 疲 …

ロフトベッド
ロフトベッド|一人暮らしの狭いお部屋に

その昔、ロフトやロフトベッドにとても憧れていました。 階段やハシゴをのぼっていくと秘密のスペースが現れて…。   ロフトベッドの一番のメリットは、通常のベッドを置くよりお部屋を広く使えるよう …

大判・厚手コルクマット
コルクマット 大判・厚手サイズのメリット・デメリット

一人暮らしにおすすめのコルクマットにはサイズが2種類あり、小さい方のレギュラーサイズは30cm角厚さ8mm、大判タイプは45cm角厚さ11mmになります。このサイズを選ぶうえで、それぞれメリット・デメ …

ロフトベッドとソファ
一人暮らしのロフトベッドのメリット・デメリット

ロフトベッドのメリット まずはロフトベッドにした場合のメリットをあげてみます。 ロフトベッドにすれば部屋を広く使える お部屋の大部分を占めてしまうベッド。特に一人暮らしの狭いお部屋では面積の半分近くを …